ごぼう茶

5月 16th, 2014

ごぼうは、料理に使う場合、調理の過程でアク抜きをしてしまうことが多いと思います。
でも、実は、そのアクの中に、ダイエットに効果的な「サポニン」や「ポリフェノール」が含まれているのです。
本来ならば、おいしく食べるために、調理においてはアク抜きをした方が良いので、料理として食べる際には、ダイエット成分が失われてしまうのは仕方がないことです。

もし、ダイエット目的で利用したいというのであれば、「ごぼう茶」として飲むことで、ダイエット成分を損失することなく吸収することができますよ。

市販のものでしたら、皮ごと煎じてあるので、きちんとダイエット成分が残っています。

また、皮ごとごぼうをフライパンで炒めたり、電子レンジで加熱したりすることで、手づくりのお茶を作ることもできます。

それでは、どのようなダイエット効果を得られるのでしょうか?

サポニンは、お茶全般に含まれている成分です。
腸管で、脂肪分、てんぷん質、コレステロールに吸着し、排出してくれます。
さらに、血中では、悪玉コレステロールに吸着し、排出してくれます。
このように、余分なものをデトックスしてくれる効果が期待できます。

ポリフェノールは、血糖値とコレステロール値の安定を図ってくれます。
甘いものや脂っぽいものがやめられない方におすすめしたい成分ですね。

さらに、食物繊維も豊富に含まれています。
脂肪分を多く含んだ食べ物を食べると、胆汁酸と呼ばれる物質が作られ、肝臓にコレステロールが溜まりやすくなります。
食物繊維は胆汁酸を吸収して便として排出する働きがあるのです。
だから、脂っぽいものを食べる前に、ごぼう茶を飲んでおくとコレステロール値の上昇の抑制や体脂肪の増加対策に効果的だということです。

手っ取り早くダイエットを成功させたいのならば、とにかく、予防策としてごぼう茶を飲んでおくと良さそうですね。

Comments are closed.