キトサン配合のお茶

7月 10th, 2014

これは、あくまでも目安なのですが、キトサンは1日当たり400mgが最適な摂取量と判断されています。
100g、200g、300g、400gと、成人の男女が摂取したキトサン量によって、体重、BMI、体脂肪率、体脂肪量、ウエスト周囲、摂取カロリーの変化を調べた結果があります。

100gでは、全てにおいて変化が認められなかったのです。
200g、300g、400gでは、全てにおいて変化が認められました。
しかも、変化が顕著だったのが、300g以上ということでした。

適正にエネルギーを摂りながら、キトサンを1日当たり300mgを8週間摂取したところ、体脂肪量が3kg減少したというケースもあります。

また、おなかまわりの体脂肪においては、摂取前に比べて、50%も減少したという方もいらっしゃいます。

さらに、カロリー制限をしないで、体重が3ヵ月で3kg以上、6ヵ月で4kg以上減少したという方もいらっしゃいます。

特に注目すべき点は、生活習慣病予防に有効であるところです。
キトサンを食前と食後に摂取することにより、血清中性脂肪の低下と、中性脂肪の上昇抑制する効果がえられるのです。

例えば、バター、ラードなど、動物性の脂肪分を摂取しても、血液中の中性脂肪量が増えにくくなります。
つまり、食事として摂った脂肪の吸収が抑えられるので、体脂肪が付きにくくなるということです。

また、糖分ついても同様のようです。
糖分の多い食事をしても、血液中のブドウ糖の量が増えにくくなります。
つまり、食事として摂った糖分の吸収が抑えられるので、体脂肪が付きにくくなるということです。

コレステロールについても、血中量の低下が認められています。

中性脂肪、ブドウ糖、コレステロールは、脂肪分と糖分の多い食事をされる方にとっては、メタボリック症候群につながる大きな要素です。
毎日の食事にキトサン配合のお茶を取り入れるだけで、生活習慣病に対する予防策になります。

もちろん、ウェストサイズの減少や体重の減少効果も見られると思いますので、ダイエットと健康維持に効果を発揮してくれることでしょう。

カロリー制限や、脂肪と糖分の摂取制限に自信がない方は、キトサン配合のお茶を取り入れることで、ある程度のダイエット効果が期待できると思いますよ。
でも、ダイエットを目指しているのであれば、できるだけ、適切な制限もすることが望ましいですよ!