烏龍茶

4月 20th, 2014

烏龍茶は、脂肪の吸収を遅らせる効果のあるポリフェノールを含んでいます。

ポリフェノールというと、ワインなどにも含まれています。
こちらの効果としては、抗酸化作用やアンチエイジング効果が期待されます。
どちらかというと、健康維持や美容維持に役立てられることが多い栄養素です。

一方、烏龍茶に含まれるポリフェノールの効果には、体脂肪を減らす効果と、脂肪の吸収を阻害する効果があります。
ですから、ダイエット向きの栄養素であると言えます。

さらに、同じ烏龍茶でも、重合カテキンという成分を含んでいるものもあります。
今話題の、黒烏龍茶などが代表的です。
黒烏龍茶にはカテキンと重合カテキンの両方が入っているので、脂肪燃焼効果と脂肪吸収阻害効果を併せ持っているということです。
理論的には、普通の烏龍茶よりもダイエット効果が高いと考えられます。

最近では、特定保健用食品としても販売されている商品があるほど、ダイエット向けのお茶として注目されています。
特定保健用食品としての烏龍茶は、脂肪の吸収や血糖値などへの健康効果が立証されているので、より効果的なダイエット効果が期待できます。

烏龍茶に含まれるダイエット成分は、「1日何mg摂取しなければ効果が出ない。」ということではありませんし、たくさん飲んだからと言って効果が早く出るということでもありません。
飲む量をきっちり決めるということよりは、毎日適量を継続して飲むことを重要視した方が良いと思います。